喘息、咳喘息の最新検査(呼気NO測定)が可能となりました。(喘息を数値化)

NO(一酸化窒素)は喘息で特異的に上昇します。
呼気中のNOを測定することでこれまで診断の難しかった長引く咳に咳喘息のような喘息の要素が関与していないかを調べることができます。

息を一定の速度で吐いてもらうだけで測定できる検査のため、負担も少なく、お子様(ある程度指示に従えることは必要)でも行える検査です。

また症状の落ち着いている喘息の管理にも気道の喘息による炎症の程度が数値でわかるため吸入薬治療薬の調整にも有用です。

保険適用になって日が浅い新しい(珍しい)検査のため、現状ではまだ測定できる施設は少ないものになります。非常に有用な検査です。

よく長引く咳を経験する方、喘息といわれているが苦しい時にしか治療していない方、現状の自分の気道の炎症の程度を知りたい方 などご検討下さい。

 

 

2017年09月17日